鎌倉野菜ってなあに?

京都の京野菜と同じように注目されている、鎌倉の「鎌倉野菜」。
鎌倉野菜とは、新鮮でおいしく、安心・安全を心がけて育てられている野菜です。
料理はもちろん、そのまま食べてもおいしい鎌倉野菜は、小さい子どもからお年寄りまで、さまざまな人に愛されている野菜です。

鎌倉野菜の特徴

神奈川県、三浦半島西側に位置する鎌倉(鎌倉市)は、一年中気候が温暖で安定しているので、野菜の栽培に適しています。なので、おいしく新鮮で種類が豊富な野菜が育つのです。
鎌倉には山と海があり、自然に恵まれた土地なので、野菜が生き生きと育ちます。
鎌倉野菜の特徴は、たくさんの種類の野菜を、それぞれ少しずつ育てていることです。
量ではなく、質と種類に優れたブランドです。キャベツ・トマトなどの定番の野菜から、少し珍しい野菜まで、一年間で約100種類の野菜が育てられ、たくさんの人の手に渡っています。無農薬や、農薬を減らすことにこだわり、安心・安全を目指しています。これからも、たくさんの人に愛される野菜になっていくでしょう。

  • ナス
    千両ナス
    水ナス、白ナス
  • トマトアイコト、黒トマト
    ピーチトマト
  • ズッキーニ
    イエローズッキーニ
    トランペット・ズッキーニ
  • ピーマン
    カラーピーマン
    バナナピーマン
  • からし菜
    サラダからし菜
    紫からし菜
  • マスタード
    グリーンマスタード
    レッドマスタード
  • 香草
    ルッコラ、コリアンダー
    イタリアンパセリ
  • 大根
    紅しぐれ
    二十日大根

鎌倉野菜はこんなに美味しい!